ボルトナット防錆キャップ「まもるくん」のモニター施工に行ってきました | 共和ゴム株式会社

共和ゴム株式会社

English

中国語

お気軽にお問い合わせください072-855-1039

スタッフコラムstaff column

ボルトナット防錆キャップ「まもるくん」のモニター施工に行ってきました

本社営業部・武政と申します。

当社のホームページを御覧頂き、有難う御座います。

 

コロナ禍の影響で思うように外出が出来ない日々が続き、

皆様の中にはストレスを抱える日々を送られている方も多いのではないでしょうか、、、

 

私は、今年で5才を迎える息子の近所の公園での遊び相手をしたり、

昨年より入会したパーソナルトレーニングジムに行く事で、出来る限り運動不足にならないよう意識して取り組んでいます。

また仕事面でも、タイミング良く当社工場の集約に伴い、新たな工場となる【枚方工場】への移転作業・ペンキ塗り作業等で、

年明けあたりから肉体労働する事が多く、非常に良いトレーニングとなりました。

 

 

塩害地域でのモニター施工

そろそろ本題に入ろうと思います。

今年に入り先日、徳島県・鳴門海峡大橋(大鳴門橋)へ行ってきました。

目的は、当社の主力製品である、ボルトナット防錆キャップ「まもるくん」のモニター施工です。

鳴門海峡大橋付近は、沖縄県に次いで塩害地域として有名な場所で、塩害地域で活躍出来る「まもるくん」にとっては絶好の場所となりました。

本州四国連絡高速道路株式会社さまに御同行頂きまして、様々な場所を御案内頂きながらのモニター施工となりました。

現場で取付を行ったからこそ確認・発見出来た事が多々有り、非常に有意義な一日となりました。

本州四国連絡高速道路株式会社さま、

このような状況の中、貴重なお時間お作り頂き、誠に有難う御座いました。

   

 

現在、【社会インフラの老朽化】・【老朽化したものをメンテナンスする人材の減少】が進む中で、

建設後50年以上経過する橋梁等の構造物の割合が、今後より加速的に高くなる事が予想されます。

このような時代だからこそ、一社でも多くの会社様に、

インフラ長寿命化製品「まもるくん」を認知頂き、御採用頂けるように気合いを入れて引き続きPRにしていきたいと思っております。

橋梁に限らず、ボルトナットの錆でお困りな方は、是非ご相談下さい。

お問い合わせこちらから

★まもるくんの魅力★

  • 高強度且つ高い透明性を有するポリカーボネート製で装着したまま目視検査が可能
  • 非常に耐久性の高いEPDM防水パッキンを使用
  • ボルトの余長を利用してねじ込む為、キャップのゆるみや脱落を防止(充填剤不在)

 

長文になりましたが、最後までお付き合い頂き、有難う御座いました。

次回掲載も楽しみにお待ち頂ければと思います。

コラムリストnews