共和ゴム株式会社

English

中国語

お気軽にお問い合わせください072-855-1039

スタッフコラムstaff column

世界遺産中城城跡での「まもるくん®」の採用事例

最近、沖縄料理「タコライス」の魅力に気づいた本社営業部沖縄担当の比嘉です。

さて、7月1日、この度沖縄県の世界遺産中城城跡にて、順路階段のボルトやナットの防錆対策として、弊社のボルトナット防錆キャップ「まもるくん®」が採用されました。
今回の採用は中城村公認事業として、今後も経過観察を行いながら、長期にわたる実用事例となります。


設置作業の当日は、中城村公認キャラクター「護佐丸くん」も駆けつけてくれました!

以下に、具体的な設置箇所とその効果についてご紹介します。

1. 設置箇所の概要

中城城跡の順路階段の基礎部分や、構造物の接合部分に「まもるくん®」が使用されています。これにより、ボルトやナットが錆びるのを防ぎ、構造物の耐久性を高めることができます。

2. 具体的な設置例

階段の支柱部分に「まもるくん®」が取り付けられている様子です。透明なキャップにより、ボルトやナットがしっかりと保護されています。

3. 防錆効果の確認

設置前のボルトには既に錆が見られるものもありますが、「まもるくん®」を取り付けることで、今後の錆の進行を防ぐことが期待されます。
また、強度と透明度の高いポリカーボネート性のため、容易に目視点検を可能にします。

4. 設置プロセス

「まもるくん®」の取り付けは簡単で、手軽に行うことができます。設置手順は次の通りです。

  1. ボルトやナットの清掃(ほこり除去、拭き取り)
  2. 「まもるくん®」をボルトやナットに被せる(手締め)
  3. しっかりと固定する(緩みなく締めこむ)

まとめ

私のふるさとである沖縄の世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)/国指定史跡/日本100名城にも指定されている中城城跡に、弊社の技術を結集させたボルトナット防錆キャップ「まもるくん®」がその保全保護に貢献させていただくことをとても光栄に、誇らしく思います。

これからも多くの場所で採用され、錆を防ぎ、構造物の耐久性向上に寄与することが期待されます。ご質問や詳細な情報が必要な場合は、いつでもお問い合わせください。

コラムリストnews